スポンサーサイト

20年ひとむかし

作家の野坂昭如さんが亡くなられた。私たちの世代だと、CMの「ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか」がまず思い出されそして何と言っても「火垂るの墓」だ。この「火垂るの墓」を含む一連の作品で直木賞を取られたというのは今回の訃報を見ていて新に認識したところだけれどその中で自らの体験を作品にするのに20年かかった・・ということを聞き、この20年という時間の長さになんだかとても納得している。今年は私たちが地元に戻っ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。