スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

ココにも一人・・・

 この2年ほど、ヨン様ブームや韓流の芸能ニュースを冷ややかに静観していた父・・・。
 同年代の友人が「韓国ドラマのほうが面白い」と言っても、ハナにもかけなかった父・・。

 そんな父がとうとう韓流にはまりだしました。

 きっかけは、地上波に下りてきた「チャングム」!!

 まるで「おしん」と大河ドラマを足したような物語に、はまったらしい・・。

 とはいえ、寝室から音だけしていても寝てることも多いので、本当に見ているの知ったのは最近の事なのですが・・・。



 ちなみに近頃私がはまった韓国ドラマは、
この間までKABで放送してた「ローズマリー
↑ちなみにリンクはショウタイムにしています。KABったらとうとう「韓流」やめて「華流」にしちゃったもんで、情報が載ってなかったんです。

 これ、「ホテリアー」「新貴公子」に出てたキムスンウが出てたけど、結構いいの。
「ほんとこういう亭主いそう・・」というような、自分ではなーんもできないおこちゃま亭主。これがなかなかいいんです。
 ちなみに彼の友達でオタク社長役の役者さん、「チャングム」に後半出てた人ではないかと思うけど、どうなんだろう??(知ってる人はコメントください。)
 ヒロインはなんだか七瀬なつみさんみたい。後半役の上でもちょっと顔がきつく見えてしまったけど、ストーリーがいいから許します。
 で、共演のペ・ドゥナ。彼女が本当に拾い物でした。ストーリーもだけど、途中からは彼女見たさってのもありました。


 ちょうどその途中くらいでKKTで始まりだしたのが、「威風堂々な彼女」。
 これの主演が、ペ・ドゥナで、これは見てみようと・・。

 で、先週終わりくらいから父が興味を持ち始めて、一緒に見ています。
 橋田壽賀子モノとか花登筐モノ(「あかんたれ」など)とか好きですからね、見事にツボにはまったようで・・。しかもやはりこのペ・ドゥナを「日本にはいないタイプ」と結構評価している様子。

 韓流が流行っている理由をようやく理解してもらえたかな・・・。

 この「威風堂々な彼女」最初はかなり漫画のようで苦笑するところもありますが、この手の笑いが好きな人にはお勧め・・。カタカナにしたときの名前の表記が違いますが、ヤフーの動画でも見られるようです。
スポンサーサイト
テーマ: 韓国ドラマ | ジャンル: テレビ・ラジオ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012/07/11 (Wed) 21:06 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。