スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

なぞなぞです

 古くなるけど、古くならないものってなんでしょう? 

 私の頭の中に浮かんだ答えは;

 楽譜 と レシピ

 昔学校で歌った合唱曲のプリントとか、結構とっています。昔のわら半紙なんで、劣化がすごいですけど・・・。

 レシピというか料理本も、もう30年くらい前のは平気でとっています。あまり作らなかったのはそうでもないですが、ちょっとでも作って美味しいと言う記憶があるものは、たいていとっています。ホントは、ぜーんぶ「腕」で覚えてしまってればいいんでしょうけどね、それが出来ないもんで・・・。

 ほかにもいろいろあると思います。
皆さんにとっても、そういうものってありませんか?




 
スポンサーサイト
テーマ: 片付け・収納・お掃除 | ジャンル: ライフ

コメント

古くて古くならないもの

一番に思い浮かべたのが「記憶の中の作品」。

子どもの頃から自分の工作、手芸作品に
愛着の持てないタイプ。で、処分しちゃう。
すると記憶の中で浄化されて、
実物以上の素晴らしい作品に感じてくるわけ。

レシピとかは確かに捨てられないですよね。
http://white.ap.teacup.com/witch/img/1139090530.jpg
↑の生チョコは5年前の情報誌のレシピで作ったもの。
こういうものは、レシピ部分だけじゃなく、
情報誌まるまる保管してるから、
場所をとって仕方ないけど、捨てられない…(-_-;

2006/02/22 (Wed) 15:27 | サリー #tHX44QXM | URL | 編集
サリーさんへ

>子どもの頃から自分の工作、手芸作品に愛着の持てないタイプ。

そうなんですね?(ОЭО)
私の場合、そう思えるときと思えないときとがあります。でも、製作にかかった時間を考えると、結局捨てられなかったり・・。
最近になって押入れの奥から出てきて、ほこりだらけであっさり捨てたなんてのも・・。

チョコ美味しそうです。v-392

レシピ等の具体的なエピソードは、またおいおい書いていきますね。

2006/02/23 (Thu) 09:49 | すこべえ #SsBj4krM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。