スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

何かに使えそう・・

 これは昭和の時代に育ったことにも関係あるんでしょうか?
モノを見ると、「これは○○に使えそう・・・」とつい思ってしまいます。
 下に思いつくまま書いてみます。

1.ミカンや玉ねぎの入っているネット→洗面所の石鹸入れ

2.お茶ガラ→玄関先の掃き掃除

3.裏の白い広告紙→メモ

4.厚紙(ボール紙)→子どもの夏休みのプール出席表の台紙

5.片面が透明なプラスチックで、片面がアルミになっている薬の入れ物
→工作でロボットなど作るときの目

6.単行本のハードケース→状差しや書類入れ

7.細い紙切れ→本の栞

8.裏が白い広めのカレンダー→広用紙(模造紙)

9.ラップの芯→子どもの工作の材料

10.きれいな包装紙
→ちょっとしたものの包装に使うor袋などに作り変える、メモ

11.食品の入ってたガラス瓶→手作りジャムの瓶など

12.宣伝用のCDなど→カラスor猫よけ

13.使い終わったノート→スクラップ帳

14.つかなくなったボールペン→ボールペン原紙用のペン

15.フィルムのケース→ボタンやピンなど小物入れ


とりあえず、このくらいにしときましょう。

それにしても、もはや現代に通用しないものも・・・・。そうはわかっていても、ほんの一瞬、反射的に頭に浮かんだりするんです。

ま、最近では、ほとんど捨てることが多くなりましたけどね。
スポンサーサイト
テーマ: 片付け・収納・お掃除 | ジャンル: ライフ

コメント

わたしもやたらと空き箱をとっとく癖があります。
子供の工作の時間用に・・・と思うのですが、学年があがってくると回数減りますよね・・・さみp。

あと、お弁当・お惣菜についてる輪ゴム。
赤とか緑とか、キレイでで捨てられません。
こうなるとただの貧乏性ですなーv-63

2006/02/28 (Tue) 00:24 | あぼか堂 #- | URL | 編集
実は…。(-_-;

私もお菓子のリボンにアイロンをかけて再利用したりします。
奇麗な包み紙も「何かの時に」って、とってます。

そう、厚紙の小さな箱とか、お菓子の空き缶も…。
牛乳パックは石鹸作りの型や、
お菓子作りのために山のように…。

保存もいいけど、消費が追いつかない~~~。(涙)

2006/02/28 (Tue) 17:06 | サリー #tHX44QXM | URL | 編集

>あぼか堂さん
輪ゴムは、そうやってためたので「ゴムとび」用のゴムを作り、フリマで1個100円で売ったら飛ぶように売れた・・って言うのがありましたよ。
・・と、こういうこと考え出すとますます捨てられない・・・。

>サリーさん
包装紙でよくやるのは、本文に書き損ねたけど、本のカバー!!汚れたらすぐ作り変えられるので・・。
牛乳パックは、すぐたまるので、近頃はすぐに開いてスーパーの回収箱に持って行きます。使い道はいろいろあるけど、やっぱり全部とっとくのは無理なんで・・・。e-251

2006/02/28 (Tue) 21:07 | すこべえ #SsBj4krM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。