スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

ゴジバの教訓

 ゴジバとは、今回このブログを立ち上げるにあたってつけた名前だが、これはもちろんあの世界的に超有名な怪獣の名にかけたもの。昨年の一時期、私の携帯の着メロはこの怪獣のテーマだったが、このゴジバから「帰国した」との電話がかかったとき、頭の中にそのテーマ曲が流れていた。それにさらにもう一ひねりして、伯母さんをもじったというわけ。
 とにかくこう言う人だから、私のほかにあと二人いる姪からもけむたがられている。
 しかし、じーっと我慢の子になってこのゴジバのいうことを聞くと、結構ためになったりすることも、実はある。「うるさい」の一言で耳に栓をするとちょっと損かもしれない。長い外国暮らしで得た知恵も少なくないのだ。

  初めての人同士は、紹介をしよう
私が学生の頃、友達が遊びに来ていた時に、ゴジバがたまたまやってきたことがあった。その場はなんとなくそのままだったのだが、あとでゴジバに言われたのが、上のようなこと。そのときはなんとも思わなかったのだが、それから何年か後、友達の旦那さんにあったとき、このことを痛感した。確かに「こちらは・・」と間に立つ人が一言紹介してくれれば、そのあとどれだけスムーズに付き合えることか。
  手紙には必ず宛名と差出人を書くように
これもちょっと聞くと「あれ?」と思うが、葉書はもちろん、手紙においても本文に名前をいれようというもの。あとで見たときや整理するとき助かるのだ。英文レターもそうだが、日本語の手紙も本来はちゃんと名前をいれるもの。まあ、時と場合にもよるけど、これも覚えてて損ではない。
 そして今回、整理整頓ができると子供の成績が上がる
その言葉を残していった。まさか・・とは思うが、私は今回のこの言葉にも納得せざるを得なかった。
スポンサーサイト
テーマ: 片付け・収納・お掃除 | ジャンル: ライフ
カテゴリ: ゴジバのこと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。