スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

とっといたワケ~捨てる決意2~

 再び着ることもないのに、なぜここまでとっておいたのか、その理由は大きく二つあるような気がしました。


よみがえる思い出
前にも同じような事を書きましたが、見ると、ふわ~っと思い出や記憶がよみがえってきて、それを捨て去る事で、自分の生きてきた時間すら失ってしまうような気がしていた事。

いざというときに?!
まだまだ作りがしっかりしているので、私は着ないけど、誰かの役にたつかも・・・。
この柄は、もしかしたらパッチワークのいい素材になるかも・・・。


 しかしながら、時間も空間も限られている今の生活の中で、「とっとく」ということがどれだけ不毛な事か・・。
 そこで、考え方を改める事にしました。
解決篇

思い出は思い出の中に
現物を取っておきたいのは山々ですが、思い切ってデジカメの中に閉じ込めて、それで甘んずる事にします。
私の場合、このブログのネタにもなるわけで、一石二鳥ということに・・。

いざというときはないと心得よ
これだけモノのあふれている現在、古着はよほどの事がない限り人の役に立つ事はありません・・。
よく聞く話に、子どものお古をもらったはいいけど、ぼろすぎて迷惑しているという話。「うちの子」には着せられても、「よそ様の子」には着せられるかどうかをよく見極めなければなりません。
フリマも、出す手間と時間を考えると、今のところ無理そう・・。
また、パッチワークをするといっても、それだけのセンスも技術もない私・・。だからといって、それを研究するヒマもなし、せいぜい「繕い用」に端切れをとっておくくらいにして、思い切って捨てましょう。

ということで、次からは思い出話になります・・。
スポンサーサイト
テーマ: 片付け・収納・お掃除 | ジャンル: ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。