スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

6月のもうひとつの成果

 そうでした、そうでした・・・・。

 6月のもう一つの「成果」がありました。

 2月に習ってきた石鹸をまた作ってみようと、廃油をためこんでいたのですが、
やっと作ることができました。

 ちょうど娘の期末テストの最終日の午前中・・・。
私は、せっせと台所のダイニングテーブルを片付けておりました。
その余波で、台所自体が少し垢抜けてきた感じ。
 父は家の中が片付くと、あからさまに「いい感じ」になります。だからといって普段が気難しいひねくれ爺さんではないのですが・・。
ま、それは家族誰もが一緒でしょうケド・・・。
 で、まんざらでもない様子でダイニングの椅子に腰を下ろしたところに私からの一言。
「ごめん、今から薬品使うから、いないほうが良いかも・・・」
と、別の部屋に追いやってしまいました。

 そう、作業台にするために片付けていたのでした。

 新聞を前面に敷き、薬品と用具の準備です。めがねもしたほうがいいのでしょうが、普段めがねをかけてないので、それだけは用意できず。まさかサングラスでは、手元が見えませんしね・・・・。
 ゴム手袋とマスクも準備して、とりかかりました・・。

 廃油の量が結構あったので、まとめて大きなので作ればよかったんでしょうが、一人で作るのは初めて。ここは、お手本にのっとり、牛乳パックを数本分用意して一個一個作ることにしました。
 しかし、考えてみたら一個につき15分くらいかき混ぜなきゃならない・・ということは、単純計算しても1時間はかかる訳で、作業の途中で娘が帰って来、マスク姿の私にびっくり。
娘も、あわてて別の部屋に逃げていきました。

 こないだ習ったとき以上に、カセイソーダのきつーい刺激臭がマスクをしてても鼻につき、あわてて換気扇をつけ、最初の工程、カセイソーダに水を入れるときには、牛乳パックごと換気扇の下にかざし、少し手を伸ばしてかき混ぜました。
 
 こうやって今回6個の石鹸を仕込んだのですが、前回やったときと違って、なかなか思うようなとろとろ感がない。まあ、少しはとろっとして乳白色になりはするのですが、少し不安になりました。実は混ぜる時間を、作り方のプリントよりすこーし短めにしたりもしたんですけど・・。
 ただこの間もあまり固まらなかった人がいて、指導のおじさんのはなしだと、固まらなくても使い道はあるとの事だったので、そのまま作業を続行。全部口を閉じて保存しやすいように空き箱(これがまたぴったりのサイズのものがあったんですよ)に6つとも収めました。

 確かに2~3日はどうも液状という感じがしましたが、1週間後くらいに再び外側から様子をうかがうと、固形化してきていました。

 
 前回作った石鹸の使い心地が思ったより良かったので、ちょっと楽しみです。

 本当のことを言うと、カセイソーダを使ったこの手の石鹸が本当に環境に対して負荷が少ないか、私も確信しているわけではありません。

 それでも・・・;
・間違いなく、廃油のリサイクルにはなる。
これまではぼろ布などに吸わせて捨ててたんですが、結構な量になっていました。
・かつては食品関連にも使っていたらしいカセイソーダなので
・・これって、今のNHK韓ドラ「クッキ」にもエピソードとして登場してますよね?重要なシーンでした。それに実際、戦後に親戚が鯨の加工に使っていたという話も聞いたことがあります・・
合成洗剤の成分の、およそ一般人が買うことすら出来ない薬品よりはマシ?
カセイソーダが印鑑がないと買えない劇薬であることは間違いありませんが・・。
・これで下洗いをすることによって、洗濯機に洗剤を入れすぎずにすむ。ついつい入れすぎてしまう傾向にあるので・・。でも、この下洗いをつい面倒くさがってしまうのも事実・・。靴下なんか、ゴシゴシすると破けそうな気がするのもあって・・。

 ということで、また廃油がたまり次第、作ってみようかと思っています。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして花むらさきと言います
石鹸作り楽しそうですね(*^_^*)
仕上げにアロマオイルを入れると香りもお肌にも良いものです
(すでにお使いでしたら申し訳ありません)
私は化成ソーダを使わずに無香料の石鹸をおろし金でおろして
アロマオイルを混ぜる方法で石鹸を再形成します
一度本格的な石鹸を作りたいと思っていたので参考になりました
ありがとうございました

2006/07/05 (Wed) 15:44 | 花むらさき #- | URL | 編集
花むらさきさま

こんにちは。コメントありがとうございます。
今回の石鹸作りは、人生2度目の体験でした・・。
そうですね、楽しかったですけど、孤独な作業だったので
前回みんなでわいわい作ったときのほうが楽しかったかも・・・。
アロマオイル・・いいですね
もう少し慣れてきたら、チャレンジしてみたいと思います。
今回の分量は(500ミリリットル紙パック一個あたり);
カセイソーダ30グラムに水60ccを入れ、廃油を200cc
最後の廃油を入れてからは15分から30分かき混ぜるというものでした。
まぜ棒は割り箸です。
口を閉じてガムテープで止め、さらに輪ゴム2本ずつくらいを十字にかけ、固定させました。
さっき↓のようなサイトも見つけましたので、ご参考までに・・。
http://soap-of-muu.com/soapmaking.html

2006/07/05 (Wed) 22:47 | すこべえ #SsBj4krM | URL | 編集
ソーパー仲間

私の石鹸ブログ
http://white.ap.teacup.com/witch/
石鹸仲間が増えて嬉しいわ。
私は苛性ソーダを混ぜて20分かき混ぜ。
それからトレースが出るまで休憩しながら3時間くらいかき混ぜます。
牛乳パックは発砲の保温箱で保管してるのよん。
今度、某所で石鹸交換いたしましょう!

2006/07/17 (Mon) 22:16 | サリー #tHX44QXM | URL | 編集
あ!

あれれ・・なんだかお返事書いた「つもり」で終わってたようです・・。
ごめんなさい。

ところで、夏休み中ようやく石鹸が出来上がりました!
6個出来たので、少しご近所の知り合いに分けました。
サリーさんの石鹸、すごいな・・。きれいですね。
私のはまだ何の変哲もないフツーの石鹸なので、
参考にさせてもらいます。

とはいえ、そのフツーの石鹸、近所のオバサマには意外と好評で、
今度作り方を教えてと言われてしまいました・・。
教えるほどのもんじゃないんですけど・・。v-389

2006/09/05 (Tue) 15:02 | すこべえ #SsBj4krM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。