スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

ある日どこかで

 新作のCDを返しにレンタルショップへ行ってきました。

 ともかく返却。
続いて、またまたふらっとCDの棚へ・・・。

こないだなかった「Flaver of life」
今日はどっさり並んでいるので、まずは1枚をかごの中に入れました。

 他にもちょっと気になる曲をチェックしたりしていたら・・・
この1枚を見つけちゃいました。

 「ある日どこかで」
 もう20年近く前になるかな・・。まだ独身の頃。
夜遅くお風呂上りにテレビをつけたら、ローカルの映画番組をやっていて、途中からだったのですが、気がつくとその不思議な世界にすっかり引き込まれていました。
 どこか印象派の絵を思わせるような、古き良き時代の美しい保養地の光景がなぜか懐かしさを駆り立てます。
 そして、音楽。切ないような懐かしいような・・・・。
番組の終わりに言われていたことには、その番組の解説者の方がこの映画のサントラ盤を持っているということでした。そのときの私は、とにかくその一つのフレーズを頭の中に反芻させるだけしかできなかったのですが・・・。
 翌日、同じ職場の人にこの映画の話をすると、彼女はこの映画のことを知っていて、私が見損ねた最初の部分を解説してくれました。
 その後も、レンタルビデオショップに「店員おすすめ」で並んでいたり、「この映画と、このヒロインの女優大好き」という女性と知り合ったり・・。ちなみにこの女性は、この映画のロケ地となったアメリカ・ミシガン州のホテルを訪ねたこともあったとか言ってたっけ・・。根強いファンが多い!!
 私もファンというほどではないのですが、たぶん好きな映画をいくつかあげろといわれたら、そのうちの1つに入れたいかな・・・。
 主人公を演じたクリストファー・リーブはその後、落馬事故により療養生活を余儀なくされ、先年亡くなりました・・。この音楽の切なさがなんだか彼の人生とだぶるようで、胸がしめつけられます。
 あと、この映画を見ていた頃の自分がなんだかいとおしくなるような、そんな気分にもなってしまいます。



全部 一緒っちゃあ一緒(のはず)なんですが、カスタマーレビューがそれぞれ違ってて面白いです。

サントラはこっちの方が全曲網羅しているみたい。視聴できます。
スポンサーサイト
テーマ: 映画音楽 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。