スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

十数年ぶりのTシャツ

 どうにかこうにか秋が来たようです・・。
で、さすがに夏物と冬物をある程度入れ替えすることにしました。
 かつて「あんまり衣更えしない」なんて言ってた時期もありましたが
(リンクさせようと思って探したけど、もはやどこに書いたのか・・)
寝かせる(服)用のコロ付きケースの場所を変えたら、
わりとコンスタントに行えるようになっています。

 今年の夏もよくTシャツを着ました。
Tシャツ
衣更えのついでに、どのくらいの量の夏物(Tシャツポロシャツ類)があるのか写真にとってみました。

 ところで雑誌の「お片づけ・捨てる」特集なんかには
   10年着ない服は捨てるべし
なんてこと書いてありますが、あれは我が家に当てはまりません。
 実はこの中に、十数年ぶりに復活させたTシャツがあるのです。
 まあ、いわゆる新婚の時期にアメリカの最南端、
フロリダのキーウェストという町を訪れたことがありました。
ヘミングウェィで有名な町です。
港町って世界的にどこでもそうなのか
(長崎がそうだった・・)
やたら猫が多い町でした。

 で、二人で歩いていると、アヤシゲ な日本語を操るおじさんに呼び止められました。

 シンコンサンデスカ~?

 え、まあ・・・

 コレ、タダ ネ~ タダ Tシャツ  フタリダカラ2マイ ア、コッチノモイイネ~

Tシャツ屋さんの店先。計4枚のTシャツと2枚のパーカーを持たされ
なんとなく店内に入って驚いた・・・・。

壁にびっしりと貼ってある絵柄の横にそれぞれ値段が・・・・。

そう、そのお店のシステムとは;
Tシャツをタダでくれるかわりに、
(おそらくTシャツ代も含まれてる)プリント代でぼったくろう・・というお店だったのです。
ちなみにいわゆるアイロンプリントです。

この状態を上手に切り抜けられるほどの英語力は持ち合わせてないし、
仮にこれが日本で普通に日本語の通じるお店であったとしても
ここまできてしまった以上、断れるような性格の私たちではありませんでした。

旅行だし、記念にいいかな・・とちょっとだけあきらめも混じって。
ただ、間違いなく、イクスペンスィヴ~~~~

二人で(´-`;)を見合わせて
せーので指差す図柄が、大体同じになるのには笑えました。
この状態を妥協して乗り切るには、比較的安いものを選んでいくしかない!!

ちなみに支払った金額は
確か合計で100ドル越えてました・・・。

・・と、ちょっとブルーになる出来事でしたが
Tシャツはしっかり米国製だし、
なによりその旅で大活躍してくれたことは間違いありません。
あとで考えたら、Tシャツの値段って意外と高いものもありますし・・。
ただ、図柄によっては、洗濯のたびに少しずつはがれていってしまってました。

そんなこんなで思い出(いわく)つきのTシャツだったのですが
こっちに帰ってきてからなんとなくず~っとお蔵入りになってました。
で、今年ようやく日の目を見たという・・・。

他のボロTシャツと一緒に
たぶんあと数年は着ていきそうな気がします。

ちなみに写真のどれかわかりますか?       
スポンサーサイト
テーマ: 片付け・収納・お掃除 | ジャンル: ライフ

コメント

すこべえ さん

こんばんは^^

Tシャツわかりませんでした。
ブルーの隣の金魚みたいなうろこみたいに
見えるなかしら・・・なわけないか?
しかしいっぱいありますねww
びっくり・・・
私も捨てれないひとなんです
何年か着なかったら・・・といいますが
私は何年もきてないのに
手を通しますから・・・

もう捨てないといっぱいで・・・
今年、でも衣替えで1回捨てました。
でもまだまだ・・・なんか思い出まで
忘れそうで・・・・そんあんことないですけど・・・
長くだらだらごめんなさい

2007/11/11 (Sun) 16:54 | チャピ #- | URL | 編集
まさしく!

>何年か着なかったら・・・といいますが
>私は何年もきてないのに
>手を通しますから・・・

そう、まさしくその状態なんです。

Tシャツはぼろぼろになったら
切り刻んで使い捨ての雑巾にする話もありますが、
それも忍びないです。
ぼろぼろのTシャツは夏場お風呂上りに着ると
結構リラックスできますし・・
(ドンだけ貧乏性?)

ちなみに、「タダ」のは
手前のライトブルーのやつとかです。
(あまりきちんと並べてません・・)

2007/11/15 (Thu) 12:44 | すこべえ #SsBj4krM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。