スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

薔薇のない花屋

 この1~3月は娘の受験と重なったので、
たいていのドラマや何かは次々にHDD録画にしてました。

 そしたら、まあたまるたまる・・・・。
LDで残り録画時間が見る見る減っていく・・・。
 すでに今期の録画も始めているというのに・・・。

 撮りためたタイトルを眺めながら・・・

ホントにこれ全部見るヒマあるの?

これを、何の未練もなくぜ~んぶ削除できるような性格なら
きっと、家の中も今頃す~っきり片付けられているんだろうなあ・・と思ったりします。

 BS2の『デスパレートな妻たち3』は
1話の途中までは見てたんですが
「まっ、いいか」と
最終回だけ見て、一気に削除。
 アメリカのドラマの最終回は、気を持たせるだけ持たせて
「来シーズンへ続く」みたいな煮え切らない終わり方が多いのですが
それにしてはマシなほうだったかも・・。
 早めに見終わった『アグリーベティ』はそれこそ
「このもやもやはどうしてくれるのよ?!」という感じでしたが・・・。

 そして、全部消したい思いと裏腹に
ふと見始めた『薔薇のない花屋』

 香取君演じる主人公が一人で赤ん坊を育てていく台詞のない冒頭のシーンに魅かれ
とりあえず取っておきました。

 本放送中に、多少はストーリー展開など見聞きしていたので
まあ、なんだか悲惨な話もありそうだな・・・・と思いながら
最初は、1話2話ずつくらい見始めて
週末、ついに一気に最後まで見てしまっていました。

 野島信司作品っていままであまり見たことなくて
(というより、見たくなかった・・)
どんなもん?と恐る恐る見てみるような感じだったんですが
いや、今回のは正直・・・
良かった
逆に、これまでの刺激の強い作品が好きだった人には物足りなかったらしいのですが
なんだろうな・・・
ひところはまっていた、韓国ドラマを思わせるような・・というと言い方、変ですが
(向こうも日本のドラマの影響受けてる所もあるらしいし・・)
登場人物の気持ちに寄り添ってみると
結構、胸に迫ってくるものを感じたんですね。

 社会的な問題をモチーフに選ぶことの多い脚本家だそうですが
今回はずばり「児童虐待」の問題が大きく横たわっていると思いました。
現在進行形の男の子の話が具体的に出てきますが
主人公とその友人の、過去とその人格形成にかかわる問題でもありましたし・・。

そして、たぶんテーマは「愛」
裏を返せば、「憎しみからは何も生まれない」ということ。
また、聖書に出てくる「右の頬を殴られたらもう片方の頬を差し出せ」というような言葉も
思い出しました。
 
 でも、これこのキャスティングでこの音楽だったから成功していたようなもので
ちょっとでも歯車がずれてたら、難しかったかもしれませんね。
 それと、私が香取君に割と好意的な人間だから良かったけど
彼の芝居が苦手な人には、ハナから無理でしょうね・・。

 最終回の愛の告白なんか、ぐっときました・・
 某サイトを見ていたら、ここでの香取君の演技が下手すぎ・・という意見もあったんだけど
私なんかは、逆にそこにリアリティを感じちゃいました。

 途中の1話の撮りそこないさえなければ
(容量の関係でわずか7分しか入ってなかった
DVD保存にしてもいいくらいでした。

 で、まだ前クールの残ってるんです。
『1ポンドの福音』『はちみつとクローバー』『鹿男あおによし(2~)』
 捨ててしまいたいような・・それとも連休中に見ます?


ところで、『薔薇のない花屋』を見終わってからずっと
山下達郎のテーマ曲が頭の中をぐるぐる駆け巡っています・・・。
歌詞も「ずっと・・ずっと・・・」だし・・・。
スポンサーサイト

コメント

サイトでの評価

素人が上手い、下手なんてわかるのでしょうか?好きか嫌いかだけだと思います。慎吾君上手かったですよ。表情が素晴らしかったと思います。

2008/04/30 (Wed) 23:58 | ローズ #- | URL | 編集
>ローズさん

はじめまして・・かな?
ようこそ!

>素人が上手い、下手なんてわかるのでしょうか?好きか嫌いかだけだと思います。

よくぞ言っていただきました。v-424
そうですよね。

表情といえば
自分の中に押し殺していた暴力性をどうしても出さざるを得なかったシーンがありましたが
あのときの表情は秀逸だと思いました。

2008/05/01 (Thu) 18:23 | すこべえ #SsBj4krM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。