スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告

嗚呼っ ひなまつり

Scan10002s.jpg

 昨日は、楽しいひなまつり・・のはず。でも、我が家にとっては、ちょっと胸の痛む季節です。
だって、
   うちには飾る場所がない!!!
 だから今年は気分だけでもと、娘の初節句のときの写真をアップしてみました。
本人の了解とってないけど、おまけつき(^_^;)


 ところで我が家にはなんと
   3世代のおひなさまが存在します。
 娘のは、私の母が娘のためにと買ってくれたもの。
 実は、私の子供のとき持ってたのは、当時流行の団地サイズで小さなものでした。だから、近所のお友達の七段(たぶん・・)飾りがうらやましかった・・。それをたぶん私も母に言ってたんでしょうね。孫には買ってやりたかったみたい。
 でも、私は固辞しました。だって、当時は社宅住まいの転勤族予備軍。飾る場所もしまう場所もないからと・・。しかしまあ、親戚同士のいろいろモニョモニョ・・・もあって、妥協案で写真のようなタイプを買ってもらうことに・・・。
 ただ、これ予想に反して、収納的には失敗でした。
だって、この台とかうしろの屏風とか、ほとんどそのままの大きさでしまわなきゃならないんです。天袋にしまってたけど、戸をはずさなきゃ出し入れできませんでした。
 地元に戻ってきて、何年かは喪中だからなんだからと理由をつけて出しませんでした。
 それから、仮住まいのアパートに置いたままなのに、生活が今の家に移ってきて、飾ることはしなかった・・。
 だからといって、自分のも出すことはなく・・・。

 そして、もう一組のおひなさま。
これは母とゴジバのものなんです。母の実家から、私が小さい頃もらいうけてきたもの。
母の実家は商家で、まあ当時は裕福なほうだったんでしょうね、母とゴジバの二人のために、二組のおひなさまが買ってありました。以前、その壮観なおひな飾りを、写真で見せてもらったことがありました。
 ところが、戦争だの水害だので散逸したり破損したりで、我が家に来たときは、ちょうど一組分くらいでした。
 最初の年は、母自ら飾ってくれましたっけ・・。
 本当に、本当に気にはなっているんです。どれも飾ってやりたい。でも・・・。
 こんなことをしてたら、もうずーっとおひなさまは日の目を見ないような気がします。特に母たちのは・・。
 そこで、もらってくれるところはないか、探すことを決意しました。もっとも、まだアクションは起こしてませんが・・。
 候補は、まちおこしにひな祭りを利用している市町村とか、公共機関とか・・。
 今年には間に合わなかったけど、来年どこかに飾ってくれることを祈っています。・・・ということで、さっさと探さなきゃ・・。

  ところで、私
おひなさまは早く出して、早くしまわなきゃ嫁に行きそびれる! 
という迷信を、10代の頃、結構気にしてました。
 なんだか、自分はほっとくと晩婚のような気がしてまして・・・。
要するに、今で言う彼氏いない暦○○年・・ってやつです。(^_^;)
 母も仕事してたせいか、あまりマメにおひなさまを出してくれる人ではなかったので、自分で出せるようになってからは、自分で出して、自分でしまってました。その点、団地サイズは良かったです。
 そして、その甲斐あってか、今なら「早婚」といえる歳に結婚。自分でもびっくりしましたね。
私「負け犬の遠吠え」の作者の方と同い年みたいなんですが、今でもほんとによく自分は結婚できたよな・・と思うこともありまして・・。

 で、思うにこの迷信、侮っちゃいけないような気がします。
 だって、あのときの自分の思いが、後の人生への気構えを持たせたのかもしれませんから。

 結婚全肯定派・・ではありません。
でも、「一度はしてみるとおもしろいよ」と、これからの人には一度は勧めたいですね。
もちろん大変なこともいろいろで、大変なことの多かった私に言われても説得力ないかも知れないけど・・・(ーー゛)
スポンサーサイト
カテゴリ: お宝紹介

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。